きらり整体整骨院トップページ > 鍼灸と東洋医学

鍼灸と東洋医学

この時期のだるさや不調はなぜ?

2020.04.14

この時期のだるさや不調はなぜ?

①湿度が高いと上手く発汗されない。

湿度の高すぎるところにいると体全体の発汗が上手く機能しません。

発汗が上手く行かないと代謝が悪くなり、血液の循環も悪くなり、冷えが起こります。

このじめじめした時期に冷え?と思いますが、冷房やや除湿の冷えた空気などでも冷えが起こります。

冷えている状態は血液の循環も悪いことから、頭にうまく血液がまわらないので

だるかったりぼーっとしたり。やる気でなかったりしんどかったり。

ひどければ鬱みたいな状態にもなります。

②湿度が高いと自律神経が乱れやすい。

急激な温度変化や気圧変化、湿度ももちろんそんな時は自律神経が乱れやすくなります。

この自律神経が乱れているという状態は体調不良を引き起こします。

自律神経は自分の意思と無関係に働く神経の総称をいいます。

この自律神経が乱れると、

リラックスするべき時に興奮してしまったり、胃酸が勝手に出たり、意思とは無関係に動悸が起きたり

不安や緊張、胃の不快感、気分障害なども引き起こします。

③べたべたする感じが気持ち悪い。

自律神経だったり冷えだったりこれらは湿度の影響もあればストレスとの戦いでもある。

人はストレスとともに生きているが、このストレスによって様々な体調不良が起きる。

湿度が高すぎて身体がベタベタする。衣類が湿気ている気がする、空気が重い。

などのこれらの状況も実はストレスが溜まる状態になっていたりするのです。

このようにこの時期の症状の原因として、

湿気によって体の中に余分な水分が溜まっていることや、自律神経の乱れなどがあげられます。

そんな原因を緩和させてくれる方法として鍼灸治療や軽い運動、ストレッチなどあり、

当院ではその鍼灸治療が受けられます。
特にその三大効果が、

①神経系に作用するので自律神経が整います。
②リラックス効果があるので、低気圧によるストレスを緩和させる効果があります。
③身体の中の湿気を取り除き、血流の流れを良くします。
この時期の不調でお悩みの方、一度お気軽にお越しください。

風邪とインフルエンザの違いって何?

2019.12.17

なんとなんと!!

明石では今『インフルエンザ』が流行っているらしいです(>_<)

『インフルエンザ』は普通もっと寒い季節にやって来るもの・・・

何やら最近季節がおかしくなってきていますね・・・

そんな今、もし自分が風邪を引いてしまっても

まさか『インフルエンザ』なんて思う人は少ないでしょう・・・

そうなってしまうと自分が『インフルエンザ』だと気付かず、

あちこちにウイルスをばらまいてしまう恐れがあります・・・\(゜ロ\)(/ロ゜)/

でも実際『風邪とインフルエンザの違いって何?』って思いますよね

ですので!!

今回は『風邪とインフルエンザの違い』についてお伝えいたします!

かつて『インフルエンザ』と言えば『高熱』のイメージがありましたが、

最近は『熱が出ない』症状も多いので、自分が『感染』しても気付かない人が多いんです!!

ではなぜ『インフルエンザ』に『感染』しても『高熱』がでないのか?

それは『インフルエンザの型がB型』だからです<(`^´)>

『インフルエンザ』には『A型』『B型』『C型』の3種類があり『高熱』が出るのが『A型』で

『B型』は『高熱』が出ない場合があるので、ただの『風邪』だと思ってしまう方が多いんです。

さらに厄介なのは『B型』は『A型』よりも『潜伏期間』が長いので、症状が良くなり

治ったと思って外出してしまい『感染を拡大』させてしまう場合もあります(>_<)

では『風邪』と『インフルエンザ』はどう見分けるのか?

一般的に『風邪』だと『鼻水、鼻づまり、くしゃみ、頭痛、のどの痛み』などの症状が主ですが、

『インフルエンザ』は『鼻水、咳、のどの痛み、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感』

などの『全身症状』が出ます。

この様な『全身症状』が2、3日経っても治らなかったり『脈拍が以上に早い』

などの症状があれば『インフルエンザ』の可能性が高いので、

1度病院へ行って調べて貰った方が良いかもしれませんね(・ω・)/

特に今年は『インフルエンザワクチン』が不足しているようなので

頑張って予防に努めましょうね!

そして!元気な身体を作るためには『免疫』を上げる事が1番!

鍼やお灸で免疫を上げて病気なんか吹き飛ばしましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

夏バテにきくツボパート2

2019.07.16

身体の怠さに効く経絡

今回紹介する『ツボ』は脚の内側にある『三陰交』です(^O^)/

三陰交』は「肝」「腎」「脾」の3つの経絡が交わる場所でもあります。
東洋医学で「肝」は血液や筋肉を、「腎」は生命力や水液代謝をつかさどり、
「脾」は人体に必要な栄養物質を作ったり運んだりする作用があります。
この3つの重要な経絡が交わっているのが『三陰交』です。
ですので!
ココを押すだけで『夏バテ予防』や『冷え、浮腫み』『自律神経の調節』
など、様々な効果が期待できるんですよ~(*^^)v
そしてそして!!
この『三陰交』は女性特有の「月経痛」や「婦人科系の症状」にもよく効くんです。
なぜなら!
東洋医学の陰陽(いんよう)学では男性は『陽(よう)』、女性は『陰(いん)』をつかさどるからです!
つまり!
女性を表す3つの『陰』の経絡が交わる『三陰交』は女性にとって最強のツボなんです(^o^)丿
調子が悪い時や体が怠い時にゆっくりと指で押してみて下さい。
前回紹介した『湧泉』と合わせて使って頂くとイイですよ~

お勧めはやっぱり『お灸』です。
お灸』をすると血流も良くなりますし、何よりポカポカと気持ちいいですよv
夏バテや食欲不振、クーラーの風で冷え、浮腫みに悩まされるこの季節・・・。
ぜひ『鍼灸治療』で体質改善し、元気に夏を乗り越えましょう(^O^)/
『鍼灸治療』に興味のある方はコチラをクリック!→鍼灸治療
『きらり整体整骨院』へのアクセスはコチラをクリック!→きらり整体整骨院

夏バテに効くツボ パート1

2019.07.09

身体の怠さに効く経絡

今回紹介する経絡は足の裏にある『湧泉(ゆうせん)』です(*^^)v
湧泉』は泉から湧き出ると言う字のごとく、力が湧き出るツボです。
東洋医学では『生命力』や『生殖』を司る最も大切なツボの1つなんですよ。
場所は土踏まずの中央の窪んだ所にあります。
自分で押すのも効果がありますが、やっぱりお勧めは『お灸』です(^O^)/
湧泉』にお灸をすると血流が良くなって体中がポカポカしますよ!

興味のある方はコチラをクリックしてください→鍼灸治療
きらり整体整骨院へのアクセスはコチラです→きらり整体整骨院

お灸の勧め

2019.05.03

お灸の勧め

今回はお灸についてお話ししますね(^O^)/
皆様は『お灸』にどんなイメージを持っていますか?
一般的に『お灸』と言われると
『熱そう・・・』とか『痕が残りそう・・・』なんて意見が多く聞かれます。
しかし!
最近の『お灸』は台座がついていて『お灸(もぐさ)』が直接お肌に触れないので熱くないんです!
『きらり整体整骨院』もこのタイプを使用していますので、
火傷もしませんし、もちろん『お灸』の痕が残りません(*^^)v
ほっこりとする温かさで身体を温めてくれますよ。
それでも『熱さの感覚』は個人差があるので、注意が必要です。
お灸』は鍼と同様に『自然治癒力』を高め、
鎮痛効果や自律神経系の調節、筋肉系の緊張緩和など様々な不調の改善、予防に効果があります。
中でも鍼との1番の違いは温熱刺激を与えているので血流が改善されやすいです。
鍼よりも『血流増加の即効性』が高く
『冷えによる症状』や『むくみなどの改善』にすごく効果があります(*^_^*)
ゴールデンウィークで疲れた脚にもお勧めですよv

鍼灸に興味を持たれた方はコチラをクリック→『鍼灸
きらり整体整骨院へのアクセスはコチラ→『きらり整体整骨院

 

 

 

 

 

 

 

花粉症に効くツボ その6

2019.04.24

花粉症に効く経絡

花粉症に効く経絡シリーズ!
今回紹介するツボは胃腸の働きを整え、水の巡りを改善する『厲兌(れいだ)』(^O^)/
』と言うくらいですから効果があるのは勿論『鼻水』です。
場所は足の指の2番目(親指の隣の指)の外側で、爪の生えぎわすぐ下にあるツボです。

このツボは『胃系』と言われるツボで『胃』の症状にも良く効きます。
では何故『胃』のツボが花粉症に効果があるのか!?
それは、東洋医学で花粉症は『消化器』と『呼吸器』の病と分類されるからです。
『消化器』の仕事は食物の栄養と水分の吸収、そして『分配』です。
この『分配』が上手くいかないと、身体を守る『粘膜』に十分な水分が行き届かなくなってしまい、
外部からの刺激に対応出来なくなってしまうんです・・・。
その為、鼻水や目の痒みと言ったような症状が出てきてしまうんです(>_<)
この『厲兌(れいだ)』は水の巡りを改善してくれるツボなので
鼻水や目の痒みといった水の症状にお悩みの方は、ぜひ押してみて下さい。
そしてこのツボはお灸もよく効きます

興味のある方はコチラをクリックしてください→鍼灸治療
きらり整体整骨院へのアクセスはコチラです→きらり整体整骨院

花粉症に効くツボ その5

2019.04.10

花粉症に効く経絡

・手三里、足三里

花粉症に効く経絡シリーズ
今回紹介するツボは目の不快感や胃腸の調子を整えてくれる効果がある
手三里(てさんり)』と『足三里(あしさんり)』です(^O^)/
なんと!あの松尾芭蕉も旅の途中で自ら『三里』にお灸をしていたんですよ。
花粉症 鍼灸治療
 『手三里(てさんり)』は場所は
 肘を曲げた時に出来るシワから指3本分下のところです。
 以前紹介した『曲池(きょくち)』の下にあります。
 このツボは消化不良や
 胃のムカムカ等の症状だけでなく
 身体の怠くやる気が起きない・・・
 などの精神的症状にも効果があります。
 何となくしんどい・・・なんて時に押してみてもイイかもしれませんね(*^^)v

そして『足三里(あしさんり)』の場所は
膝のお皿の外側の窪みから指4本分下の所にあります
花粉症 ツボ 鍼灸治療
このツボは鼻のムズムズなどの不快感の他
病気の予防や体力強調
胃腸の調子を整える
また
脚のむくみや膝の痛みにも効果のある
なんとも万能のツボです
さすが松尾芭蕉が愛用していたツボですね(*^^)v
これはもう押すしかありません!

他にも色々なツボがあるので
興味を持たれた方はこちらまで!→『鍼灸
きらり整体整骨院へのアクセスはこちらです→きらり整体整骨院

1 2 3 4 5 6 12

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0789251771

住所
〒673-0025
兵庫県明石市田町2-10-1
診療時間
月・火・水・金・日
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
アクセス
西新町駅より徒歩8分

0789251771

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
腰の痛み
急性腰痛
肩・首の痛み
五十肩
膝の痛み
鍼灸治療
フットマッサージ
サイトメニュー
ブログ&お役立ち情報
院概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー
系列院のご案内

/滝の茶屋商店街にあります\


/長田商店街内にあります\


/月見山駅スグ!\


/六甲本通商店街内にあります!\


/志染駅からスグ!\


/名谷駅の近く\


/深江の住宅街にあります\


/西神南駅の構内!\


/大津和下車で20秒!\


/玉津インター コーナン向かい\

きらり整体整骨院

  • 所在地

    〒673-0025
    兵庫県明石市田町2-10-1

  • 診療時間

    月・火・水・金・日 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

  • アクセス

    西新町駅より徒歩8分

エキテン口コミランキング1位
pagetop