きらり整体整骨院トップページ > ブログ&お役立ち情報 > 「今の時期に多いギックリ腰」

「今の時期に多いギックリ腰」

2019.12.24

ついに今年も残り1週間を切りましたね!
年末の大掃除や片付けなどで身体を痛めてはいないでしょうか?
今回はこの時期に多いギックリ腰についてお話ししていきます。

●ギックリ腰とは何か?
一般的にはギックリ腰と言われていますが、正式名称は急性腰痛と言います。
ドイツでは”魔女の一撃”とも言われています。

●どんな時に起こるか
・重たい荷物を持った時
・子供を抱っこした時
・靴を履こうと屈んだ時
・洗面台で身体を前に曲げた時
・咳やクシャミをした時
・ゴルフや野球の素振りをした時

数個程ギックリ腰が起こる原因を上げてみましたが、どれも日常生活を送る中で
かかせない事ばかりになります。
そのため誰にでも起こる可能性のある症状となっています。
ギックリ腰になってしまうと症状がキツければ立ち上がることさえ困難になってしまいます。

●腰痛の種類
・関節部分が原因で痛みが出ている→椎間関節性腰痛
急性期では体を動かす事も困難なほどの痛みが生じます。
症状→腰を後ろに反らすと痛みが出る
    脊椎の近くに圧痛点がある
    運動などで動かすと痛みが増す

・筋肉が原因で痛みが出ている→脊柱起立筋性腰痛
 背骨の横を走る脊柱起立筋に負担がかかって炎症を起こして痛みが生じます。
症状→身体を動かす、捻ると痛みが出る
    立ち・座り時に痛みが出る

筋肉が原因の場合では、”急性腰痛”と急に起こるかのような表現ですが
普段からデクスワークや重たい物を持ったりする仕事をしていると筋肉が固まってしまい、
固くなっている状態で急に曲げたり、物を持った衝撃でギックリ腰になってしまいます。

また中高年の方の場合では、加齢や運動不足が原因で腰を支える筋肉が弱くなり、腹筋と背筋のバランスが
崩れることによって椎骨の関節や椎間板が変形してしまい、この状態でギックリ腰を起こしてしまうとより症状がキツくなってしまいます。

●治療法
ギックリ腰になってしまったら早めに治療をすることが第一です。
痛みがある状態を我慢すると腰だけでなく、痛みをかばう姿勢の影響で背部や臀部、足の筋肉など身体の至る所の負担が増してしまいます。

症状によりますが炎症を起こしている部分を冷やして炎症を抑えつつ腰部周辺の筋肉の緩めた後に
必要に応じて電気治療や鍼灸治療で治療していきます。


筋肉が硬いと今の時期ではギックリ腰を起こしやすいので、普段からメンテナンスで良い身体の状態を維持しましょう。痛めてからよりは痛む前からケアをすることの方が重要なので、何かしらの不調があれば一度きらり整体整骨院にお越しください。

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0789251771

住所
〒673-0025
兵庫県明石市田町2-10-1
診療時間
月・火・水・金・日
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
アクセス
西新町駅より徒歩8分

0789251771

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
腰の痛み
急性腰痛
肩・首の痛み
五十肩
膝の痛み
鍼灸治療
フットマッサージ
サイトメニュー
ブログ&お役立ち情報
院概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー
系列院のご案内

/滝の茶屋商店街にあります\


/長田商店街内にあります\


/月見山駅スグ!\


/六甲本通商店街内にあります!\


/志染駅からスグ!\


/名谷駅の近く\


/深江の住宅街にあります\


/西神南駅の構内!\


/大津和下車で20秒!\


/玉津インター コーナン向かい\

きらり整体整骨院

  • 所在地

    〒673-0025
    兵庫県明石市田町2-10-1

  • 診療時間

    月・火・水・金・日 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

  • アクセス

    西新町駅より徒歩8分

エキテン口コミランキング1位
pagetop