口コミ数No.1

きらり整体整骨院トップページ > ブログ&お役立ち情報 > 東洋医学を知ろう ②

東洋医学を知ろう ②

2024.06.18

『陰と陽』

東洋医学の基本概念の一つで、対になる2つのものを「陰」と「陽」に分類して考える陰陽論という哲学があります。

「陰」は太陽のあたらない陰をさし、性質は「冷たい・暗い・下・内向き」などで、

「陽」は太陽のあたるところをさし、その性質は「温かい・明るい・上・外向き」などです。

その他、陰は夜と秋冬、女性や大地など、陽には昼と春夏、男性と天などあらゆるものが陰と陽に分類されます。

陰陽のバランスは常に変動しており、例えば1日で考えると、真昼には陽が極まり、真夜中になると

陰が極まり、夜明けが近づくにつれ陰が弱く、再び陽の勢いが強くなります。

このように、陰陽論は人体に当てはめても考えられます。

身体の新陳代謝が低下した状態を陰、反対に新陳代謝が活発な状態を陽と考えます。

東洋医学では一般的に20代後半から30代前半が陽のピークで、30代後半からは陽から陰への過渡期に

なります。

ということは、この頃から新陳代謝が以前より衰えるため、冷えやすい、太りやすいといった症状を

自覚しやすくなります。

『虚と実』

病気の治療方針を決める際、気・血・水や陰陽と並び、指標となるのが「虚実」です。

これは体力の有無や抵抗力の強弱をあらわす概念です。

〇実証タイプ

がっしりした体型で、食欲があり脈や腹力が強いなどの特徴があります。

このタイプは体力や気力が充実しており、病気に対する抵抗力が強いといえます。

病気への反応も高く、風邪になると高熱がでますが、回復も早い傾向にあります。

しかし無理がきく分、身体からの不調のサインを見過ごしてしまうこともよくあります。

〇虚証タイプ

痩せ型で、脈や腹力が弱く、疲れやすい、空腹に耐えられないなどの特徴があります。

体力や気力が充実していないため、病気に対する抵抗力や反応が弱い状態です。

風邪になると治りにくかったり、常に風邪をひいている感じだったり、環境や季節の小さな変化にも

敏感に反応してしまう傾向にあります。

しかし、身体に変化が起こりやすいのですぐに気づき、対処しやすいともいえます。

実証、虚証どちらがいいというわけではありません。

この特徴を知り自分の身体を把握しとくのも大切です。

『五行論』

自する然界に存在するあらゆる物質を木・火・土・金・水の5つの元素に分類した考え方です。

「木(曲直)」

樹木がまっすぐ成長することを意味します。伸び伸びと成長するイメージです。

「火(炎上)」

燃える火を意味します。温熱で上昇する性質です。

「土(稼穡)」

土に種をまき、農作物を収穫する働きを意味します。扶養、生成、発育などの特性があります。

「金(従革)」

金が鋳造されて変化する特徴を意味します。粛降(下降させる)や収斂(引き締める)性質を持ちます。

「水(潤下)」

水が湿潤で、下に向かって流れることを意味します。湿潤と下降の性質があります。

『五行論による人の生理的機能の解説』

医学に応用するには、五行と臓腑を関連させる必要があります。

そこでまず、五臓(肝・心・脾・肺・腎)は、その特性に合わせて木・火・土・金・水に

割り当てられて、さらに六腑など関連する器官や機能とも結びつけられています。

「肝は木に属しています」

樹木のように気を伸びやかに巡らせるという機能をもっています。

「心は火に属しています」

温熱の性質から発汗は心と関連します。

「脾は土に属しています」

五臓六腑に栄養を与え、気・血の源になります。

「肺は金に属しています」

肺は水を下に運んで腎の働きを増強し、体液の調整をしています。

「腎は水に属しています」

腎は水の蒸化と排泄を行っています。

行と五臓は相生と相剋によって、体内環境のバランスをとっています。

〇相生の関係

木→火・・・肝が血を貯蔵して、心の働きを助けます。

火→土・・・心火が脾を温め、脾の働きを助けます。

土→金・・・脾が生成する水穀の精微が肺を養います。

金→水・・・肺の粛降作用で、腎の働きを助けます。

〇相剋の関係

木→土・・・肝の伸びやかな性質によって、脾気をうまく巡らせます。

土→水・・・脾の運搬や消化する作用によって、腎水の氾濫を抑制します。

水→火・・・腎の潤す作用によって、心火の亢進を抑制します。

火→金・・・心の熱によって、肺が吸気や水分を過度に降ろさないようにします。

『養生』

養生というと、「病後の体力回復や再発防止のためのケア」というイメージをもっている人が多い

と思いますが、

養生は、「病気にならず、健康で長生きして人生を楽しむための知恵」すなわち、生活の中でできる

ちょっとした工夫といえます。

食事、運動、睡眠、感情が養生の基本になります。

活動のエネルギー(気)の元となる食事、そして消化吸収に関与する脾の補養は、気を補うために

最も重要な養生です。

また睡眠によっても気を補うことができます。

しかし、気は補っただけではうまく働きません。補った気を身体全身に巡らせることが必要になります。

そこで、食事と睡眠で補った気を全身に巡らせる働きをするのが運動です。

 

 

 

地元明石の情報やカジュアルな話題を発信していきます。

山陽西新町駅から徒歩8分

土日祝日営業しています

人生がきらり☆輝く身体づくり
きらり整体整骨院

身体の根本原因を見つけ改善する

〒673-0025 兵庫県 明石市田町2-10-1

時間: 9:00~12:00 14:00~19:00

078-925-1771

エキテンの口コミちょっとずつ増殖中

きらり整体整骨院エキテン

きらり整体整骨院Facebook

きらり整体整骨院Instagram

きらり整体整骨院Twitter

地図

きらり整体整骨院へのアクセス

動画もチェック!

営業時間外もLINEでご予約いただけます

まずはお気軽にご相談ください

0789251771

営業時間外もLINEでご予約いただけます

口コミ数No.1

住所
〒673-0025
兵庫県明石市田町2-10-1
診療時間
月・火・水・金・日
9:00~12:00, 14:00~19:00
土 9:00~14:00
(祝日は通常営業)
定休日
アクセス
西新町駅より徒歩8分

0789251771

営業時間外もLINEでご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
腰の痛み
急性腰痛
肩・首の痛み
五十肩
膝の痛み
鍼灸治療
フットマッサージ
サイトメニュー
ブログ&お役立ち情報
院概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー
系列院のご案内

/滝の茶屋商店街にあります\


/長田商店街内にあります\


/月見山駅スグ!\


/六甲本通商店街内にあります!\


/志染駅からスグ!\


/名谷駅の近く\


/深江の住宅街にあります\


/西神南駅の構内!\


/大津和下車で20秒!\


/玉津インター コーナン向かい\

きらり整体整骨院

LINEでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒673-0025
    兵庫県明石市田町2-10-1

  • 診療時間

    月・火・水・金・日 9:00~12:00, 14:00~19:00
    土 9:00~14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

  • アクセス

    西新町駅より徒歩8分

エキテン口コミランキング1位
pagetop