きらり整体整骨院トップページ > ブログ&お役立ち情報

ブログ&お役立ち情報

『様々な膝関節の痛み 変形性膝関節症』

2019.11.12

変形性膝関節症について

 

症状

高齢者になるほど多い。
主な症状は膝の痛みと水がたまる。
初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛み、休むと痛み消失。
中期では正座や階段の昇降が困難となり、末期になると、安静時にも痛みがとれず、
変形が目立ち、膝がピンと伸ばせずに歩行が困難になる。

膝関節の症状、治療法は → こちらをクリック

●発生機序

関節軟骨の老化によることが多く、肥満や遺伝も関与。
また骨折、靱帯や半月板損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することがある。
加齢によるものでは、関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、使い過ぎによりすり減り、関節が変形する。

●治療

大腿四頭筋(ふとももの前)強化、マッサージなどで関節可動域を改善、お灸で膝を温めたりする。
その他、痛みがある場合は日常生活で正座を避けたり、冷やさないようにする、様式トイレを使うなどに気を
つけたり、肥満であれば体重の減少に努める。
このような治療でも治らない場合は人工関節の手術治療も行う場合もある。
鍼灸治療については → こちらをクリック

変形性膝関節症

膝関節への鍼治療
膝関節への鍼治療

 

 

きらり整体整骨院へのアクセス ←クリック

動画もチェック!  ←クリック

人生がきらり☆輝く身体づくり きらり整体整骨院 身体の根本原因を見つけ改善します
〒673-0025 兵庫県 明石市田町2丁目10-1 電話 078-925-1771

『様々な肩頚部の痛み 五十肩(肩関節周囲炎)』

2019.11.05

上腕二頭筋長頭炎について

 

症状

肩関節が痛み、関節の動きが悪くなり、動かすことに制限が出てくる。
動かす時に痛みがあるが、あまり動かさないでいると肩の動きが悪くなってしまう。
髪を整えたり、服を着替える時に痛みがでてきて動作がしにくい。
夜中にズキズキ痛み、ときに眠れないほどになることもある。

頚部の症状、治療法は → こちらをクリック

●発生機序

中年以降、特に50歳代に多くみられる。
関節を構成する骨、軟骨、靱帯や腱などが老化して肩関節の周囲に組織に炎症が起きることが主な原因と考えられる。
肩関節の動きをよくする袋(肩峰下滑液包)や関節を包む袋(関節包)が癒着してしまうと動きが悪くなる。

●治療

マッサージなどで筋肉のしこりを取ったり、鍼灸での消炎鎮痛や筋肉弛緩を施す。
温熱療法や電気療法とリハビリ運動(五十肩体操)。
鍼灸などでの血流改善、治癒を高める。

鍼灸治療については → こちらをクリック

 

 

きらり整体整骨院へのアクセス

動画もチェック!

人生がきらり☆輝く身体づくり きらり整体整骨院 身体の根本原因を見つけ改善します
〒673-0025 兵庫県 明石市田町2丁目10-1 電話 078-925-1771

『様々な肩頚部の痛み 上腕二頭筋長頭炎』

2019.10.15

上腕二頭筋長頭炎について

症状

上腕二頭筋は上腕の前側にあり腕から肩にかけてつく筋肉で
わかりやすく言うと力こぶを作る筋肉。
野球やバレーボール、水泳等の同じ動作を繰り返し行うスポーツでよく発症。中高年では特に運動をしていなくても肩関節周囲炎の一つの症状として現れる場合もある。

頚部の症状、治療法は → こちらをクリック

●発生機序

炎症や刺激が繰り返し起こることで痛みが出ることが多い。
それにより徐々に弱化、変性した結果、断裂に至る場合もある。

●治療

基本的には保存療法でアイシングや抗炎症剤などで痛みを抑える。
痛みがどこからきてるかを調べ、鍼灸を施す。
痛みの原因となりうる神経の興奮を押さえたり、筋肉を活性化させることで痛みを軽減。
その他、アイシングをしたりストレッチをしたりする。
鍼灸などでの血流改善、治癒を高める。

鍼灸治療については → こちらをクリック

 

 

きらり整体整骨院へのアクセス

動画もチェック!

人生がきらり☆輝く身体づくり きらり整体整骨院 身体の根本原因を見つけ改善します
〒673-0025 兵庫県 明石市田町2丁目10-1 電話 078-925-1771

『様々な肩頚部の痛み インピンジメント症候群』

2019.10.08

インピンジメント症候群について

症状

肩にある腱板には上腕骨を挙上したり捻ったりする作用があり、腕の上げ下ろしや捻った時に痛みや引っかか
り感がでる。痛みは肩から上腕へひびくように痛むことが多い。
また、肘を脇から離しての動作がつらく、力が入りにくくなる。
例えば、テーブルの奥にある物を手を伸ばして取ろうとする動作が難しい。
その他、夜間の痛みで目を覚ますこともある。

頚部の症状、治療法は → こちらをクリック

●発生機序

加齢や使いすぎで腱板が弱くなっている状態で、転倒して手をついたり、重い物を持ち上げようとして
肩をひねったときに発症することが多い。
もちろん、はっきりしたきっかけがなく、自然に擦り切れてしまう場合もある。

●治療

夜の痛みで眠れなかったり、肩を動かすと強い痛みが走る場合は断裂部の周りの炎症が強い時期なので、
できるだけ早く炎症を沈静化させることを目標に治療を行う。
リハビリも重要で、自分では気がつかない間に肩甲骨の動きが悪くなっている場合が多く、肩を動かす際の肩
甲骨と上腕骨の動きが乱れ、肩甲骨の先端にある肩峰が断裂部を刺激することで炎症が持続している場合があ
る。この場合、肩甲骨周囲の動きをリハビリで改善させることで症状が緩和。
鍼灸などでの血流改善、治癒を高める。

鍼灸治療については → こちらをクリック

 

 

きらり整体整骨院へのアクセス

動画もチェック!

人生がきらり☆輝く身体づくり きらり整体整骨院 身体の根本原因を見つけ改善します
〒673-0025 兵庫県 明石市田町2丁目10-1 電話 078-925-1771

『様々な肩頚部の痛み 石灰沈着性鍵板炎』

2019.10.01

石灰沈着性鍵板炎について

症状

夜間に突然生じる激烈な肩関節の疼痛で始まる事が多い。
痛みで睡眠が妨げられ、関節を動かすことが出来なくなる。
発症後1~4週、強い症状を呈する急性型、中等度の症状が1~6ヵ月続く亜急性型、
運動時痛などが6ヵ月以上続く慢性型にわけられる。

頚部の症状、治療法は → こちらをクリック

●発生機序

40~50歳代の女性に多い。
肩腱板内に沈着したリン酸カルシウム結晶によって急性の炎症が
生じる事によって起こる肩の疼痛・運動制限。

●治療

急性例では、激痛を早く取るために、腱板に針を刺して沈着した石灰を破り、
ミルク状の石灰を吸引する方法
がよく行われる。
硬く膨らんだ石灰が肩の運動時に周囲と接触し、炎症が消失せず痛みが続くこともある。
痛みが強く、肩の運動に支障がありますと、手術で摘出することもある。
疼痛がとれたら、お灸などの温熱療法や運動療法などのリハビリを行う。
鍼灸などでの血流改善、治癒を高める。

鍼灸治療については → こちらをクリック

 

 

きらり整体整骨院へのアクセス

動画もチェック!

人生がきらり☆輝く身体づくり きらり整体整骨院 身体の根本原因を見つけ改善します
〒673-0025 兵庫県 明石市田町2丁目10-1 電話 078-925-1771

風邪とインフルエンザの違いって何?

2019.09.17

なんとなんと!!

明石では今『インフルエンザ』が流行っているらしいです(>_<)

『インフルエンザ』は普通もっと寒い季節にやって来るもの・・・

何やら最近季節がおかしくなってきていますね・・・

そんな今、もし自分が風邪を引いてしまっても

まさか『インフルエンザ』なんて思う人は少ないでしょう・・・

そうなってしまうと自分が『インフルエンザ』だと気付かず、

あちこちにウイルスをばらまいてしまう恐れがあります・・・\(゜ロ\)(/ロ゜)/

でも実際『風邪とインフルエンザの違いって何?』って思いますよね

ですので!!

今回は『風邪とインフルエンザの違い』についてお伝えいたします!

かつて『インフルエンザ』と言えば『高熱』のイメージがありましたが、

最近は『熱が出ない』症状も多いので、自分が『感染』しても気付かない人が多いんです!!

ではなぜ『インフルエンザ』に『感染』しても『高熱』がでないのか?

それは『インフルエンザの型がB型』だからです<(`^´)>

『インフルエンザ』には『A型』『B型』『C型』の3種類があり『高熱』が出るのが『A型』で

『B型』は『高熱』が出ない場合があるので、ただの『風邪』だと思ってしまう方が多いんです。

さらに厄介なのは『B型』は『A型』よりも『潜伏期間』が長いので、症状が良くなり

治ったと思って外出してしまい『感染を拡大』させてしまう場合もあります(>_<)

では『風邪』と『インフルエンザ』はどう見分けるのか?

一般的に『風邪』だと『鼻水、鼻づまり、くしゃみ、頭痛、のどの痛み』などの症状が主ですが、

『インフルエンザ』は『鼻水、咳、のどの痛み、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感』

などの『全身症状』が出ます。

この様な『全身症状』が2、3日経っても治らなかったり『脈拍が以上に早い』

などの症状があれば『インフルエンザ』の可能性が高いので、

1度病院へ行って調べて貰った方が良いかもしれませんね(・ω・)/

特に今年は『インフルエンザワクチン』が不足しているようなので

頑張って予防に努めましょうね!

そして!元気な身体を作るためには『免疫』を上げる事が1番!

鍼やお灸で免疫を上げて病気なんか吹き飛ばしましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期のだるさや不調はなぜ?

2019.09.09

この時期のだるさや不調はなぜ?

①湿度が高いと上手く発汗されない。

湿度の高すぎるところにいると体全体の発汗が上手く機能しません。

発汗が上手く行かないと代謝が悪くなり、血液の循環も悪くなり、冷えが起こります。

このじめじめした時期に冷え?と思いますが、冷房やや除湿の冷えた空気などでも冷えが起こります。

冷えている状態は血液の循環も悪いことから、頭にうまく血液がまわらないので

だるかったりぼーっとしたり。やる気でなかったりしんどかったり。

ひどければ鬱みたいな状態にもなります。

②湿度が高いと自律神経が乱れやすい。

急激な温度変化や気圧変化、湿度ももちろんそんな時は自律神経が乱れやすくなります。

この自律神経が乱れているという状態は体調不良を引き起こします。

自律神経は自分の意思と無関係に働く神経の総称をいいます。

この自律神経が乱れると、

リラックスするべき時に興奮してしまったり、胃酸が勝手に出たり、意思とは無関係に動悸が起きたり

不安や緊張、胃の不快感、気分障害なども引き起こします。

③べたべたする感じが気持ち悪い。

自律神経だったり冷えだったりこれらは湿度の影響もあればストレスとの戦いでもある。

人はストレスとともに生きているが、このストレスによって様々な体調不良が起きる。

湿度が高すぎて身体がベタベタする。衣類が湿気ている気がする、空気が重い。

などのこれらの状況も実はストレスが溜まる状態になっていたりするのです。

このようにこの時期の症状の原因として、

湿気によって体の中に余分な水分が溜まっていることや、自律神経の乱れなどがあげられます。

そんな原因を緩和させてくれる方法として鍼灸治療や軽い運動、ストレッチなどあり、

当院ではその鍼灸治療が受けられます。
特にその三大効果が、

①神経系に作用するので自律神経が整います。
②リラックス効果があるので、低気圧によるストレスを緩和させる効果があります。
③身体の中の湿気を取り除き、血流の流れを良くします。
この時期の不調でお悩みの方、一度お気軽にお越しください。

1 2 3 4 5 6 32

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0789251771

住所
〒673-0025
兵庫県明石市田町2-10-1
診療時間
月・火・水・金・日
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
アクセス
西新町駅より徒歩8分

0789251771

交通事故専門ホームページ
神戸市交通事故治療.com
/交通事故の負担金は0円!\

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
腰の痛み
急性腰痛
肩・首の痛み
五十肩
膝の痛み
鍼灸治療
フットマッサージ
サイトメニュー
ブログ&お役立ち情報
院概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

きらり整体整骨院

  • 所在地

    〒673-0025
    兵庫県明石市田町2-10-1

  • 診療時間

    月・火・水・金・日 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

  • アクセス

    西新町駅より徒歩8分

エキテン口コミランキング1位
pagetop